読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨムカク

KADOKAWAとはてなの小説投稿サイト「カクヨム」専門の読み専レビューブログです。

ミステリーランキング上位に真打登場!「うさぎ強盗には死んでもらう」はおそらく受賞筆頭候補!

kakuyomu.jp

これは「面白いし、人気もでそう」。

本作現時点でミステリーの5位。ランキングを順当に登ってきたんでしょう。よい傾向のランキング変動だと思います。

僕のミステリーに関する個人的な好みで言えば、以前紹介した「ジャンピング・ジャック・ガール」もかなり押したいところです。

しかし、この「うさぎ強盗には死んでもらう」にはまた違う魅力があります。ストーリーの構造だけでなく、キャラクターや世界設定も含めて、一部読者の大好きなところを突いてきてるんですね。これは受賞筆頭候補といえるのではないでしょうか。

既存作家で例えることはあまり好ましくないことは了解しているつもりです。しかし、本作品、西尾維新伊坂幸太郎をお好きなかたにおすすめしたい。

西尾維新劣化コピー的作品が新人賞に多く投稿されると噂をきくことがあります。しかし本作は違うと感じます。殺し屋や伝説的なカジノプレイヤーなど、西尾維新的な個性あるキャラクターメイキングにミステリー要素を盛り込みつつ、言葉遊び的ではないストーリーテリングが活きています。

時間軸を活かした群像劇的な物語構造や、殺し屋が登場する世界観なんかは、伊坂幸太郎に近いような気もします。

文章は軽快で読みやすく、キャラクターや会話もセンスがあって読みやすい。時間軸を入れ替えた群像劇もミステリーの技としてちゃんと成功しているし、小出しな謎とキャラクターの掛け合いで読者を引っ張るテクニックも見事。固有名詞のセンスも、本作を好みそうな読者層にぴったりマッチしていていいですね。

樹里ちゃんなんかは特にファンがつきそうなキャラクターですね。

タイトルも好みです。「うさぎ強盗には死んでもらう」。かっこいいじゃないですか!

ひとつ進言するならば、プロローグはすごく魅力的なので、プロローグ最後の一行の種明かしはもうちょっとひっぱってもよいのではないでしょうか。もちろん作者の意図が有ると思われるので、あくまで個人的な意見ですが。

作品は現在連載中。更新を楽しみにしています!

f:id:masafiro1986:20160316140119j:plain