読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨムカク

KADOKAWAとはてなの小説投稿サイト「カクヨム」専門の読み専レビューブログです。

女子高生が連続転落死事件の謎を追う青春ミステリー「ジャンピング・ジャック・ガール」が面白い!

現時点で、カクヨム投稿作のうち、ミステリー作品の中でいちばんおもしろいと思っている作品を紹介します。

kakuyomu.jp

こういう作品が読みたかった! 実に優れた青春ミステリー。

現段階ではこの作品をコンテスト受賞作に一番推したいです! こういう作品が書籍化されたら世間が「ネット小説」を見る目、すごい変わると思うんですよね!

作品の傾向で言うと、本作は「このミス」の新人賞に見つけられそうなタイプの作品ですね。メフィストほどに個性派でもなく、乱歩ほどにガチガチでもなく。シンプルな謎で気軽に読み進められるけど、続きが気になる展開で実に読ませるエンタメミステリ。前例がないほど驚天動地のミステリーではないけど、ちゃんと読者が謎を追える良い読み物としてのミステリーです。

 

f:id:masafiro1986:20160309092548j:plain

主人公は、ごく普通の女子高生・川原鮎。

彼女がサッカー部のエース・泉田秀彦の転落死事件を発見したことをきっかけに物語ははじまります。鮎は泉田の親友とともに、事件の真相を探るのですが、やがてそれが奇妙なメールに関わる連続転落死事件であることが判明するのですが――。

主人公の家族やクラスメイト、事件を捜査する警察、サッカー部周りの人々、事件に関わる他校の生徒たち。登場するキャラクターたちもしっかり書き分けられていて、それぞれに何かしらの動機がありそうな雰囲気があります。

敷島哲くんとは正直自分を重ねてしまうよ……。

読者は「あれ? この人が犯人かな」「いや待てよ、この人も怪しいなあ……」「いやいやもしかして自殺か……?」などと真相を考えながら読み進めることができます。

ほんと、書籍化されてていいレベル。新人らしい突飛な個性ではないかもしれませんが、良質な青春ミステリーです。タイトルも実にいい! 「・ガール」の意味が最後にはちゃんとわかります。

映画やドラマ化されてもいいんじゃないかな、と思うくらい登場人物たちがさわやかな高校生たちで、映像的にも映えそう。応援したい作品です!